健康保険の治療について 歯科医院 松戸

投稿日:2020年1月14日

カテゴリ:院長ブログ

皆さんこんにちは。

院長の明石です。

最近体調を崩されている方がとても

多いと聞いております。

しっかり栄養をとり、休息、うがい、

手洗いを行い体調管理を万全に

皆さんで取り組んでいきましょう(^-^)

今日は、簡単ではございますが、

健康保険を使って治療について歯科で

誤解されやすいこと

1 健康保険を使って治療するためには
何らかの疾患があること

2 初診料、再診料について。

をご説明したいと

思います。

まず、健康保険が使える条件としては

何らかの疾患があることです。

何らかの疾患の疑いでもかまいません。

例えば、歯が痛いので虫歯か見てほしい。

患者様が来院し、問診を行い、診察を行います。

この際に歯の状態をカルテに記入し、カルテを
作成します。

虫歯であれば、先生が治療計画を建て、

治療を開始します。

もし、虫歯がなく知覚過敏の場合もあります。

この際も様子を見るのか、知覚過敏抑制材を

塗布するのか選択いたします。

場合によりお話だけになる場合もあります。

この際に何らかの疾患あるいは、病名が

つけば、健康保険の治療をうけることが、

できます。

また診察し、カルテを作成した段階で

もし治療行為を行っていなくても

初診料は、かかります。

治療行為を行った場合、初診料と、処置料が
かかります。

よく、何もしてもらっていないのに費用を

とられたと言うことをききますが、

初診料、再診料はお話したり、経過をみたり

するだけでかかります。

これは、ご理解下さい。

また見た目を良くしたいなど、審美的な治療を

ご希望の際は、健康保険が、使えないことが多いです。

例えばホワイトニング希望や、矯正など。

このように、健康保険にはいくつかの決まりがあります。

もし、わからないことなどありましたら

担当の先生や受付などに遠慮なく、

聞いて下さい。

医療機関と患者様の信頼関係がよいことが、

とても治療する際に大切だと思います。

簡単ではございますが、まず質問の多い

ことをご説明いたしました。

次回は歯のクリーニングについても

質問の多い所なので、ご説明したいと思います。

明石歯科医院