デンタルショー2019 松戸 歯医者

投稿日:2019年5月7日

カテゴリ:歯科技工士ブログ

こんにちは、歯科技工士の松崎です。

先月の14日に東京ビッグサイトで行われたデンタルショーに医院長と行ってきました。

デンタルショーとは、歯科業界のお祭りのようなもので
いろんな歯科材料の会社が一気に集まって材料や機器を展示したりして販売するフェスです。

歯科業界にも材料の会社は沢山あり
こういうデンタルショーなどに行くことで医院に新しい物を入れ
患者様の治療などをよりよくしていこうということがあります。

今回私は、CAD/CAM(キャドカム)の機器を中心に見てきました。

CAD/CAMとは患者様の歯の模型をスキャンし、PCで被せ物などの歯のデザインをして作るシステムのことです。

PCで被せ物などを作ることで患者様に安定した精度の物をお届けすることができます。

これからはCAD/CAMがどんどん広がっていくと思います。

今回、デンタルショーに行って業者の人にいろいろ話を聞くことで
自分のCAD/CAMの知識に、さらにいろいろなことを知ることができました。

医院長も最新の機器や材料などいろいろ見て
医院の活性化のために購入していました。

デンタルショーは毎年恒例というわけではなく
2年や3年に1度行われるフェスなので
次回行われる時は明石歯科医院の為にも、自分の知識UPの為にもまた行きたいと思っています。