ブリッジ、入れ歯とインプラントの選択について1 松戸 歯科

投稿日:2017年9月11日

カテゴリ:院長ブログ

みなさんこんにちは。寒かったり、暑かったり、雨が降ったりと

過ごしにくい日が続いております。

体調を崩される方が多いと思いますが、体調管理にはくれぐれも

ご注意ください。

やむを得ず歯を抜歯して、補綴(歯を新たに作製する)の際には

一般的にブリッジ、義歯、インプラントの選択肢がありますが

どの治療法も利点、欠点があります。

そこで今回は当院のブリッジ、義歯とインプラントの選択について数回に分けて説明していきたいと思います。

今日はブリッジです。

ブリッジとは歯がなくなってしまった両隣の歯を一層削り、橋のようにかける

治療をいいます。

しっかり接着剤で固定するため、ご自身で取り外しができないので自分の歯のように

咬むことができます。

またほとんどの場合で健康保険を使うことができます。

歯の組み合わせによっては健康保険を使うことはできませんので

主治医にご相談又は確認して下さい。

処置としては、神経がある歯は麻酔をかけて処置を行うのが一般的です。

この際神経はなるべく残すように心がけて処置を行います。

というのも、神経を残すことにより歯の寿命を延ばすことができるからです。

神経を残すことで、歯の強度はある程度保つことができます。

神経を除去(抜髄)すると本来の歯の強度は失われ、破折しやすくなります。

ブリッジにすることで通常2本の土台で、3本の歯を支えていくので負担もかかりますので

破折のリスクも増えます。

またもし虫歯になった際、神経がないと症状が出ないため発見が遅くなり

虫歯が進行しすぎてこれも歯を失う可能性が高まります。

レントゲンで確認してもなかなか被せている中まで正確に診断することはできません。

よって定期的に健診していても、浅い虫歯は発見できないこともあります。

なのでなるべく神経は残せるなら残すほうが良いと思われます。

しかし、神経を残すことで、出てしまう症状もあります。

しみるなどの症状がそうです。

通常はブリッジを作製するために歯を削った際はブリッジの仮歯をいれます。

仮歯を入れることで歯肉の位置を安定させたり歯に対する刺激を遮断します。

これにより神経が残っていても症状は出ません。

一般的には歯を削った後は一時的に歯が興奮しますが、細菌などが侵入していない場合、元の状態に戻ります。

しかし削りすぎたり、削ったことで神経の興奮が収まらない場合しみたり、うずくなどの

症状がでます。

場合により神経をとるなどの処置が必要になります。

臨床では抜歯になる理由の上位に歯の破折があります。

ブリッジにすることで抜歯になるケースが多くなりますので補綴の際はよく考えて

決めていくことが大事です。

また今後どのような経過をとるか予測し、その時の対処法なども

事前に相談することでより安心できるかと思いますので

先生とよく相談してください。