ドライマウスについて 松戸 歯医者

投稿日:2016年6月28日

カテゴリ:スタッフブログ

こんばんは!

雨が続いて、湿気でベタベタする嫌な時期ですね…。

しかし、そんな時期にも関わらず、お口の中はどんどん乾燥してしまっているかもしれません…(>_<)

今日はそんな「ドライマウス」についてお話します。

ドライマウスの主な原因は、分泌抑制作用のあるお薬(降圧剤、安定剤、睡眠薬など)の長期服用によるものや、エアコンや暖房などの乾燥しやすい場所にいることによる生活習慣(姿勢が前かがみになりやすい方、肩こりが強い方なども注意が必要です。)、日々のストレスなどによるものが主と言われています。

ドライマウスの症状には、唾液の分泌量の低下、口腔粘膜の保湿度の低下、唾液の粘性の亢進などがあります。
色々な疾患や原因で生じ、口腔の乾燥感だけでなく、口腔の違和感や、義歯不適合などといった様々な症状を含んでいることもあります。
さらに、要介護高齢者などの場合では、口腔乾燥が重症化して発語ができなくなり、乾燥の訴え自体が表現できなくなることも多く見られます。

この様な症状を緩和するには、こまめに水分補給をすることや、お口の保湿スプレーなどがオススメです(^^)☆

歯科医院での投薬治療も可能ですので、もしかしたら?と思う方は、1度お気軽にご相談しにいらしてください♪♪