歯の寿命 歯科医院 松戸

投稿日:2016年6月20日

カテゴリ:スタッフブログ

こんばんは。ここ最近夏のように暑いですね。

6月下旬で30℃超えは暑いですよね…(>_<)

真夏はどうなってしまうのでしょうか…笑

少し早い気もしてしまいますが、皆さん熱中症には十分に気を付けて下さいね。

梅雨も重なり、ジメジメ・ベタベタ嫌な時期ですが…元気に頑張りましょう♪

さて、今日は歯の寿命についてお話ししようと思います。

皆さん、突然ですが歯の寿命ってご存知ですか?

実は歯の平均寿命(歯が生えてから失うまでの年数)は前歯と奥歯で最大16年もの差があります。

日本人の平均寿命と比べても歯の寿命は短く、特に奥歯は早く失われてしまいます。

簡単に、前歯の平均寿命は61年、上の奥歯のが51年~58年、下の奥歯が50年~53年と言われています。

歯を失う原因のほとんどは生活習慣病である「虫歯」と「歯周病」です。

主な原因はプラーク(歯垢)です。特に奥歯や歯と歯の間はプラークか溜まりやすく、また歯磨きで磨きにくい部分です。

そこで大事になるのが正しい歯磨きのやり方と自分に合った歯ブラシを使うことです。

歯ブラシは薬局などでも沢山売られているので、何が良いのかわからないですよね。

当院では様々な種類の歯ブラシを多数ご用意しております。

中でもオススメしているのがGCルシェロシリーズの歯ブラシです。

様々なケースによって変えられるのが特徴です。

使いやすさは勿論、歯科衛生士による患者様一人一人に合った歯ブラシをご提案致します。

わかりやすく、丁寧な歯磨き指導も行っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。