ホワイトニングの実習

投稿日:2016年3月11日

カテゴリ:院長ブログ

皆さんこんにちは。

寒かったり暑かったりとはっきりしない日が続いておりますが

体調はいかがでしょうか?

インフルエンザも流行してますので、うがい、手洗いなど十分行い

体調管理して下さい。

先日ホワイトニングの講習会に参加して参りました。

その際新しいホワイトニングの薬液が出ましたので

当院で実習を行いました。

通常ホワイトニングは薬液と過酸化水素を混ぜ、光(熱)を与えて

行ないます。

過酸化水素は高濃度の物を使いますので基本的には歯肉保護のため

ダム(保護するもの)を使います。

強い濃度と光を使うことで歯を白くできますが

半面しみたり、痛みなどの症状が出ることもあります。

新製品では濃い濃度の過酸化水素水を使いますが、

薬液と合わせることで、濃度を低くし、歯肉に触れても問題ない

ようになりました。

またしみるなどの症状もほとんど出ません。

ただマイルドな薬液なのですぐ白くしたい方には

強い液を使った方がいいかもしれません。

数種類の薬液を用意しており、カウンセリングしてから

行ないますのでご安心して下さい。

施術したスタッフも痛みもなく快適に行うことが

できました。