リアルタイムPCR法 松戸 歯科医院

投稿日:2015年11月2日

カテゴリ:院長ブログ

皆さんこんにちは。

最近寒くなりました。今日は雨もかなり降っていて

とても寒いので十分風邪にご注意ください。

今日は歯周内科治療の検査項目のリアルタイムPCR法について

説明いたします。

通常一般的な歯周病の診査項目として

レントゲン、ポケット測定、位相差顕微鏡、歯肉の赤み 腫れのチェック

歯の染め出し、口臭の測定など様々な項目があります。

歯周病の原因の1つとして菌があげられます。

多くの種類の菌が口腔内には存在します。

通常は菌を目で見ることができません。

歯周病原因菌の代表的な菌はある程度わかっております。

この菌の種類や数を確認しながら治療をしていくことが

だんだん出来る様になってきました。

今までは菌の種類を特定することはかなり難しく費用が

かかっておりました。

また行っている歯科医院が多くはありませんでした。

しかし歯周内科を行っている先生が会社を立ち上げ

今では歯周内科を行っている先生方は

以前よりはるかに安価に

検査を行うことが出来る様になりました。

このことで治療の成果や状態が目で見えることになります。

より患者様がご自身の状態を正確に知ることができますので

非常に説明しやすく、患者様も納得しやすいと思います。

今後当院でもこの検査方法をスタンダードにしていく予定です。