上下歯列接触壁について 松戸 歯科

投稿日:2015年10月30日

カテゴリ:スタッフブログ

今日は顎関節症とも関係の深い、上下歯列接触壁についてお話します。

TCH(Tooth Contacting Habit)、上下歯列接触壁とは上と下の歯を無意識につけている癖のことです。

口を閉じている時に上下の歯は常に接触しているのでは?と思われるかもしれませんが、実は会話、咀嚼、嚥下の時に上下の歯が接触するのは1日24時間のうち、20分程度といわれています。

しかし、会話や食事以外でも、仕事中や集中している時に無意識のうちに上下の歯をつけている人もいます。
接触している時間長く続くと、お口を閉じる筋肉が緊張し、咀嚼筋や顎関節に負担がかかり、顎関節症が起こりやすくなると考えられています。

無意識に起こる癖なので、その癖を自覚して改善することが大切です。
改善策として、メモを貼ることが有効です。
パソコンやテレビ、冷蔵庫など目のつくとこに貼り、それを見たら歯を離すようにしましょう。