土台の治療が終わった後   松戸 歯科

投稿日:2015年10月5日

カテゴリ:院長ブログ

みなさんこんにちは。暖かい日と寒い日が交互にきている

と感じます。

周りでも体調を崩してきている方も多くなっているので

体調管理には十分気をつけて下さい。

さて前回までに根管治療、土台(コア)の治療を簡単に説明してまいりました。

本日は形成(削ること)を説明したいと思います。

コアの治療が終わりましたら、次は歯の形を綺麗に整えます。

実際には歯や土台を削って整えますが

被せもの(クラウン)の種類によって削り方が変わります。

奥歯は健康保険の治療では銀歯になることが多いので

削る量としては金属の厚み分だけ削ります。

なので削る量としては少なくてすみます。

逆に白い被せものにする場合

破折の防止のために金属単体の被せものよりも

多く削らなければなりません。

基本的に白い被せものは、中に金属が入りその上に白い材料を乗せます。

そのためある程度の厚みがかかってしまうので

その分土台を削る量を多くしないといけません。

土台が神経がある、無いによってリスクがありますので

担当医とよくご相談して下さい。

被せものの種類により削る量がきまりますので

どのような被せものにするか、しみたりするリスクが今後出る可能性など

含めて決めていくとよいと思います。

参考にしてみてください。