むし歯とだ液の関係! 松戸 歯医者

投稿日:2015年9月15日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

すっかり秋ですね…

食欲の秋なので

食べ過ぎには気をつけたい所です。(笑)

さて、

むし歯はどうしてできるのでしょう?

お口の中のむし歯菌が糖を分解して酸を作り

この酸によって歯の表面から

ミネラル成分(カルシウム・リンなど)が

溶け出します。

これがむし歯の始まりなのです。

むし歯は一度できてしまうと

自然に治る事はないので

未然に防ぐ事がすごく大切です!

その一つとして

だ液が大事な役割をしています。

だ液には酸を中和する働きや、

酸によって溶け出したミネラル成分を

元に戻す働きがあります。

その他にも

・歯垢(プラーク)の中の酸を洗い流す

・食べかすを洗い流す

・消化を助ける

などがあります。

食事の際、よく噛んで食べる事で

だ液の分泌量を増やす事ができますので

心がけていきましょう!