技工物(銀歯等)の作製の流れ 歯医者 松戸

投稿日:2015年8月19日

カテゴリ:スタッフブログ

こんばんは。8月も終盤を迎えますね。

先日の雨から、夜の気温はだいぶ下がった気がします(^ ^)

過ごしやすいですね。

今年もあと4ヶ月。大人になると1年経つのがすごく早いです。

と、毎年思っている気がします笑

今日は技工物(銀歯等)が出来るまでの流れをお話ししようと思います。

まずは虫歯を専用の機械で綺麗に取り除き、そして形を整えます。

整え終わったら、型取りをしていきます。

型取り材はピンクの粉で、水に溶かしながら程よい硬さになるまで練り込みます。

良い硬さになったら、トレーに盛って

患者様のお口の中に入れ、固まるのを待ちます。

硬化時間は大体2〜3分程度です。

次に、その歯型を模型にします。

模型にしたら技工士さんにお願いして、銀歯など患者様ご希望の技工物を作ります(^ ^)

作製期間は物にもよってしまいますが、4日〜10日程で出来上がります(^ ^)

このような形で、当院は作製しております♪