ステファンカーブ 歯科 松戸

投稿日:2015年8月6日

カテゴリ:スタッフブログ

ステファンカーブは虫歯のリスクの唾液の

pHを表記した図です。

食べ物を食べると、お口の中が酸性に傾き

ます。約30分かけて口腔内で緩衝作用が働

き酸性からアルカリ性に傾いていき安静時

pHを維持します。

酸性の状態が常に続くと虫歯になるリスク

が高くなり歯が常に脱灰し虫歯になります。

なので間食の多い人などは注意が必要です。

幼少期などで間食の時間が多い場合は、食

後の歯ブラシやうがいが重要になります。

因みに大人も子供も食後すぐの歯ブラシを

する場合、一度お口に水を含んでお口中を

中性にしてから歯ブラシをすることをお奨

します。お口中が酸性状態の時に歯ブラ

シをすると歯ブラシで脱灰を促進させてし

まいます。

色々な事に注意しなければ歯の健康が維持

されない事を改めて感じます。

まずはお口中の虫歯リスクを減らすために

もフッ素入りの歯みがき粉を使用したり、

フッ素塗布をし、耐酸性の環境づくりも

重要!!!