虫歯の治療・ケア

できるだけ削らず抜かない虫歯治療

虫歯の治療

ミニマルインターベンション

当院は、虫歯治療を行うときにミニマルインターベンションという考え方を持っています。これは、患者さまにかかる負担をできるだけ少なくする「低侵襲な治療」という意味です。

進行した虫歯の場合、全く歯を削らないというわけにはいきません。しかし、削る部分を出来るだけ少なくすることは可能です。また、抜歯を考えなければならないほど進行している虫歯や歯周病の場合でも、根管治療や歯周病治療をできるだけ行うことによって、可能な限り歯を抜かない治療を行います。

虫歯の進行

虫歯の進行

虫歯は進行性の病気なので、レベルに応じて治療法が異なります。小さい虫歯であれば歯を少し削るだけで治りますが、ある程度進行しており、画像のピンク色の部分にある神経にまで虫歯菌が及ぶと根管治療という神経を取り除く治療が必要になります。ここまで虫歯が進行していると、削る部分も多くなり、銀歯やセラミックによる補綴(ほてつ)治療が必要です。

歯医者さんへは虫歯になる前に行きましょう

虫歯予防のために、「歯科定期検診」を

虫歯虫歯が進行すればするほど、歯を削る量が多くなったり、抜歯せざるを得ない可能性が高くなったりします。

当院では、できる限り歯を残す治療を心がけていますが、まずは虫歯にならないように取り組んでいただくことが大切です。

初期の虫歯は自覚症状がほとんどないので、定期的に歯科医院での検診を受けて、虫歯の予防を心がけてください。

ラバーダムによる感染防止(小児のみ)

ラバーダム当院では、子供の虫歯治療においてはラバーダムを使用しております。

ラバーダムは治療部分への唾液の侵入を防ぐ効果があります。

子供は長時間口を大きく開けていられないことが多く、唾液による再感染が頻繁に起こるので、それを防止するために小児にはラバーダムを使用します。

松戸で虫歯治療「抜かない、削らない、無痛治療」の明石歯科

松戸で虫歯治療「抜かない、削らない、無痛治療」

虫歯で歯が痛い、歯ぐきがしみるなどの症状で松戸駅前にて歯医者をお探しの方は、ぜひ明石歯科医院までご相談ください。当院の虫歯治療は【できるだけ抜かない・削らない・痛くない】をモットーにしており、できるだけ肉体的、精神的に患者さまに負担の少ないむし歯治療を行なっております。スタッフ一同心よりお待ちしております。