無痛治療

できるだけ痛くない治療をめざして

無痛治療

「歯医者さんでの治療は痛いのが嫌」

歯科医院に通わない理由をアンケート調査したところ、このような解答が一番多かったようです。以前の歯科治療では、虫歯や歯周病を治すときの痛みをどうすることもできず、患者さまには痛みを我慢して治療を受けていただくしかありませんでした。

しかし、現在の歯科治療は進歩しており、虫歯治療の際には歯の表面に塗るタイプの麻酔を使ったり、超極細針で麻酔注射を打ったりすることで痛みを抑えることができます。歯周病でも、外科的処置ではなく飲み薬で完治させる歯周内科も行われており、患者さまにかかる負担は大きく減少しています。

表面麻酔

表面麻酔歯科医院にて、虫歯治療のように痛みの伴う処置を行うときは、麻酔によって治療中の痛みを感じなくさせます。しかし、この麻酔注射が痛いと感じる人が多いのです。

そこで使用するのが表面麻酔です。これは、歯ぐきの表面に塗るタイプの麻酔で、表面を麻痺させてから麻酔注射を行います。

表面が麻痺しているので、注射針を刺してもほとんど痛みを感じることはありません。

いつ打たれるのか不安になっていると、いつの間には処置が終わっていると感じる人も多いです。

※場合によっては表面麻酔を使わないこともあります。

麻酔の打ち方自体にもこだわり

無痛治療麻酔注射の打ち方でも痛みは大きく変化しますので、当院では麻酔の打ち方にこだわります。

注射針を粘膜に刺しにいくと過度な圧力がかかってしまい、痛みが強く出ますが、これを逆にし、粘膜をつまんで針に当てにいく要領で針を刺すと余計な圧力がかからず痛みを軽減させられます。

微妙な違いですが、効果は絶大です。

歯周内科治療を行なっております

歯周内科歯周病がひどくなると、歯ぐきから血が出たり、食事を取るだけで痛みがでたりします。

歯周病が重度になればなるほど治療が複雑になり、歯ぐきを切開して奥の方に付着した歯石を除去するという外科的処置が必要になることもあります。こうなると患者さまに掛かる負担も決して少なくありません。

当院では、最新の歯周病治療である「歯周内科治療」を行っています。これは飲み薬で歯周病を治すという方法です。外科的処置が必要になるケースが少なくなり、痛みを感じること無く、進行した歯周病を治療することができるケースが増えました。

歯周内科について詳しくはこちら

松戸で痛くない歯医者をお探しの方へ

無痛治療

歯医者に行かなきゃいけないけれど、怖いから行きたくないという方は、ぜひ松戸駅西口すぐの明石歯科医院へご相談ください。当院には歯科恐怖症の患者さまでも安心して治療に専念していただくための無痛治療におけるさまざまな工夫をご用意しております。

きっと、「え!?こんなに痛みを感じなかったの!?前と全然違う!もっと早く来ればよかった!」と感じていただけると思います。スタッフ一同、心よりお待ちしております。